8月31日は「野菜の日」‼

心や体の健康のためには、野菜を一人1日350g食べることが大切です。

 薩摩川内市では、市民の皆様と一緒に「350ベジライフ」の取り組みをすすめています。

薩摩川内市は、全国・鹿児島県と比べても、脳血管疾患による死亡率が非常に高い現状です。まずは、高血圧症予防が重要となってきます。高血圧予防には、減塩が重要ですが、単に塩分を減らすだけでなく、カリウムやマグネシウムなどのミネラルやビタミン、食物繊維の摂取も重要です。これらを多く含む野菜の摂取は、高血圧予防の効果が大きく期待できます。

子育て世代の皆様には、まだピン‼とこない話かもしれませんが、食事は、1日3回→1年でなんと…1095回も!食べていることになります。幼少期からの食生活こそが、体を作っていくと言っても過言ではありません。

でも、小さなお子さんは野菜が苦手という方も多いですね。野菜が苦手な理由としては、苦みやにおい、えぐ味が強い、食べにくいなど様々な理由があるようです。味覚は成長とともに変化します。小さい頃は苦みや酸味は苦手ですが、いろいろな食べ物を味わうことで、少しずつ食べれるようになってきます。苦手なものが食べられたら、たくさんほめてあげて下さい。食事がおいしくて楽しい場になることが、好き嫌いの克服にもつながっていくのではないでしょうか。。子どもたちは、自分で食事を選ぶことはできません。幼少期に家庭で慣れ親しみ食べたものを選んで、食べるようになればよいと思いませんか⁇

「子どもの身体は、食べたものでつくられる・子どもの脳は聞いた言葉でつくられる」という言葉通り、こどもたちの体は、約60兆個の細胞からできています。よりよい栄養を細胞に届ける機会にしましょう。

大人になっても、健康的な食習慣を続けられるように、まずは食育に取り組んでみませんか?

相談・お問い合わせ先

薩摩川内市子育て世代包括支援センター
0996-22-3611
このページの担当部署
薩摩川内市子育て世代包括支援センター

〒895-8790 鹿児島県薩摩川内市西開聞町6番10号(すこやかふれあいプラザ内)

0996-22-3611 / 0996-22-803

今月のイベント

<< 9月 2020 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

近日開催のイベント

最近の投稿

母子手帳アプリ「母子モ」
子育てに関する利用者支援事業
赤ちゃん駅
フレフレ子育て読本